ここから本文です

島田洋七 漫才ブーム時のたけしの名言とは 俺らは売れて良かったけど…

デイリースポーツ 7月18日(月)20時18分配信

 1980年代の漫才ブームを引っ張ったB&Bの島田洋七(66)が18日、テレビ朝日系の「しくじり先生 頂点を極めたのに大失敗SP」に出演し、ビートたけし(69)がブーム時に放った忘れられない名言を明かした。

 洋七は大阪で売れた後、さらなる飛躍を目指して東京に拠点を移した。コンビの名前はすでに知れ渡っていたことから、300人入る演芸場に「芸人が200人来た」と振り返った。

 その中で真剣な顔をして見ていたのがたけしだったという。たけしとの接点となったのは横山やすしさんだった。洋七に「東京のおもろい芸人を紹介するから行こう」と言い、千葉の食堂に連れて行かれた。初対面のころはお互いに距離を感じ、「島田くん」、「北野くん」と呼び合っていた。洋七は「タクシーで帰ろうと思ったらおれが500円でたけしが700円しかなかった。4、5時間歩いて帰った。それから付き合いが濃くなった」と明かした。

 聞いていたオードリー若林は「色んな本にB&Bが東京に来なかったら漫才ブームは起こってないってあります」と話すと、洋七は「たけしもそういうことを言います。売れた時にたけしと飲みに行って」と、たけしの言葉を紹介した。

 「俺らは売れて良かったと思うけど、俺らが売れた分、売れなくなった人がいっぱいいる。そこを分かって頑張ろうな」というもので、洋七は「オッサンはすごい」とたたえた。

最終更新:7月18日(月)21時15分

デイリースポーツ