ここから本文です

巨人 阿部が決勝打、ドラ5山本はプロ初打点の同点打

デイリースポーツ 7月18日(月)20時45分配信

 「阪神1-2巨人」(18日、甲子園球場)

 巨人が球宴を挟む2連勝で勝率を5割に戻した。1-1の九回、先頭・山本の中前打と野選で無死一、二塁としたが、走塁ミスなどで2死二塁に。それでも阿部の左前適時打で1点を勝ち越した。

 0-1の六回は先頭・小林誠が右中間三塁打で出て、2死後にドラフト5位新人・山本(慶大出)のプロ初打点となる一塁内野安打で同点とした。先発・マイコラスは7回6安打1失点。

 阿部はヒーローインタビューで、「(九回は)歩かしかなと思ったが、ネクストサークルから出て行くときに勝負への気持ちに切り替えたのが良かった。あまりいい当たりではなかったが、いいところに飛んで勝てて良かった。チームが勝てたことが大きいし、こういう接戦を一つずつ取っていくこと。後半戦はそれが勝負だと思う。広島に差をつけられているので1個も負けないつもりで、食らいついていきたい」と語った。

 阪神は2連勝で止まった。四回、江越がセーフティーバントと二盗を決め、原口の左越え適時二塁打で1点を先制。先発・メッセンジャーは8回4安打、8奪三振1失点。

最終更新:7月18日(月)21時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]