ここから本文です

DeNA 小杉が乱調の独り相撲、反撃ムードを壊す

デイリースポーツ 7月18日(月)21時44分配信

 「ヤクルト9-3DeNA」(18日、神宮球場)

 DeNAは2点差まで追い上げながら、試合が壊れた。

 八回。マウンドには3番手の小杉。先頭の中村に死球を与えると、犠打後、大引の内野安打にエリアンの適時失策が加わって、まず1点を失った。

 ここからが独り相撲になってしまった。

 坂口、西浦と連続四球で満塁とし、打席には山田。その3球目のフォークがワンバウンドする暴投でさらに1失点。

 二、三塁となり、今度は敬遠しようと投げた4球目は、戸柱がジャンプしても届かない暴投でもう1点を献上した。

 結局、八回は内野安打2本に、4四死球、2連続“適時”暴投で4失点。ラミレス監督は「1回無失点で抑えてほしかった。流れが止まってしまった。そういうこともあるもの」と話した。

最終更新:7月19日(火)11時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。