ここから本文です

巨人 ドラ5の慶大出・山本がプロ初打点&決勝起点打

デイリースポーツ 7月18日(月)21時59分配信

 「阪神1-2巨人」(18日、甲子園球場)

 巨人のドラフト5位・山本泰寛内野手(22)=慶大=がプロ初打点を挙げ、逆転勝利に貢献した。

 1点を追う六回2死三塁。ファウルで粘った8球目の打球は一塁へ飛び、気合のヘッドスライディング。これが同点適時内野安打となり、17試合目の出場でプロ初打点となった。

 「追い込まれていたので、三振だけはしないように、食らいついて打ちにいきました。(初打点は)同点となる打点になったので、素直にうれしいです」。

 波に乗った山本は九回にも先頭でドリスから中前打を放ち、その後の得点に結び付けた。

最終更新:7月18日(月)22時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。