ここから本文です

【MLB】イチロー、3000本安打まであと「6」 敵地ファンから歓迎受け「絶対に忘れない」

ISM 7月18日(月)14時1分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手が現地17日、敵地で行われたセントルイス・カージナルス戦に1番センターで先発出場。4打数3安打、1四球、1得点、1盗塁を記録し、メジャー通算3,000本安打まであと「6」とした。マーリンズは6対3で勝利。

 15日の同カードの試合で代打として登場した際に、観客からスタンディングオベーションで迎えられたイチロー。スタメンで出場したこの日も、セントルイスのファンから喝采を受けた。

 42歳のベテランは「この3連戦は絶対に忘れないと思う」と通訳を介してコメント。「セントルイスでなければ、こんな経験はできなかったと思う。彼らを敵としてみるのは難しかった」と語った。

 また、マーリンズのドン・マッティングリー監督は、大台に近づきつつあるイチローについて「イチは周りからのプレッシャーを軽減しているように思う。50歳までプレーするって話しているし、次の7年で7本のヒットは打てるはずだからね」と話した。

 マーリンズは1対1の5回、クリスチャン・イエリッチ外野手の2点タイムリーで勝ち越しに成功。7回までに同点に追いつかれるも、ジャンカルロ・スタントン外野手の適時二塁打などで2点を奪い、勝利を引き寄せた。(STATS-AP)

最終更新:7月18日(月)14時1分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。