ここから本文です

AAA宇野実彩子、30歳誕生日公演で号泣「メンバーの目が見られません…」

オリコン 7月18日(月)18時27分配信

 男女7人組ダンスボーカルグループ・AAAが16日、全国ツアー『AAA ARENA TOUR 2016 - LEAP OVER -』の福井公演をサンドーム福井で行い、メンバーの宇野実彩子の30歳の誕生日を祝福した。

 前日の公演中に與真司郎(27)が足を負傷し、ファンが心配するなかでの開演となったが、けがを感じさせないパフォーマンス。メンバーもカバーしあい、無事本編が終了すると、ファンから宇野への「ハッピーバースデー」アンコールが沸き起こった。

 メンバーが再登場すると、改めてファンがバースデーソングの大合唱をプレゼント。その後メンバーとスタッフからのサプライズとして、デビューからこれまでの宇野の軌跡を振り返る映像が流れ、11年間の想いが込み上げてきた宇野の目に涙があふれた。

 「今の気持ちはどうですか?」とメンバーに聞かれた宇野は、必死に涙をこらえながら「うれしいです。ありがとうございます」と感謝しきり。バースデーケーキと一緒に記念撮影を終えると、末吉秀太(29)が「さあ、ここで皆さんお待ちかねの顔面ケーキを食べてもらいます」とジョークを飛ばして和ませた。

 宇野は「こんな映像を作ってもらって大号泣でした。30代って自分の中で未知なので、いろんな不安もありますけど、最近思うのは全部当たり前じゃないなと。こうやってみんなに会えることも歌えることも、1日1つ1つ感謝しないといけないことなんだなと思ってて。日々毎日いろんなことが流れていくなかで、こうやって今、私の目に映っている景色は確かなもので、すごく大事にしていきたいものだなと思います」とファンにメッセージ。

 また、メンバーに対しても「あたりまえに毎日顔を合わせているメンバー、空気みたいな存在とよく言ったりしますけど、本当に11年間一緒にいてくれたこと、ありがとうございます。恥ずかしくてメンバーの目が見られません…」と感謝し、言葉を詰まらせた。メンバーから「空気だから吸って吐いてー」と優しい言葉をかけられると、「私は超幸せだと思います、みんなのおかげで。30代の目標は私がみんなを幸せにできるように生きていきたいと思います。本当にありがとうございます」と30代の抱負を語った。

 リーダーの浦田直也(33)がファンに向け「みんなのパワーのおかげでここまでくることができましたので、皆さまのパワーをさらに借りて、ここからラストスパートに行きたいと思います。まだまだパワーくれますか?」と煽ったが、アンコールの残り2曲では、宇野の言葉に感極まったメンバーが涙する場面もあり、強い絆を感じさせるライブとなった。

最終更新:7月19日(火)18時25分

オリコン