ここから本文です

【GOLF】歴史的激闘を制したH.ステンソン 大会記録でメジャー初制覇!

ISM 7月18日(月)2時49分配信

 今季メジャー第3戦 全英オープンが現地時間17日、スコットランドのロイヤルトルーンGCで最終ラウンドの競技を終了。8アンダー「63」でラウンドしたヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が、フィル・ミケルソン(米)を3打差で振り切り、メジャー初制覇を成し遂げた。

 ステンソンとミケルソンによる一騎打ちとなった日曜日。1番でミケルソンがバーディを奪ったのに対し、ステンソンはボギーを叩き順位が逆転。しかし、ステンソンは2番から3連続バーディ、ミケルソンは4番パー5でイーグルを奪い、6番終了時点では通算15アンダーで並んだ。前半最後の9番ではステンソンがバーディパットを沈め通算16アンダー、ミケルソンが通算15アンダーで前半を折り返す。

 後半最初の10番は共にバーディをマークすると、11番でステンソンが3パットのボギー。12番ではミケルソンが難しい距離のパーパットをセーブするが、14番からステンソンが3連続バーディを奪い、リードを2ストロークに。ピンそばにつけた17番パー3のバーディパットは外したものの、最終18番ではパーオンに成功し、バーディフィニッシュで逃げ切った。ステンソンは、10バーディ、2ボギーの内容で回り、2000年大会のタイガー・ウッズ(米)が持つトーナメントレコードを更新する通算20アンダーで、スウェーデン人初のクラレットジャグを獲得した。

 1イーグル、4バーディ、ノーボギーの6アンダー65で回ったミケルソンは、通算17アンダーで単独2位。通算6アンダー単独3位にJ.B.ホームズ(米)、通算5アンダーの単独4位にはスティーブ・ストリッカー(米)が入っている。世界ランキング4位のローリー・マキロイ(北アイルランド)が4アンダー67でラウンドし、通算4アンダーでセルヒオ・ガルシア(スペイン)らと並び5位タイとなっている。

 全米オープン覇者のダスティン・ジョンソン(米)は通算2アンダー9位タイ。世界ランキングNo.1のジェイソン・デイ(豪)は通算1オーバーで、ジャスティン・ローズ(英)、ジェイソン・ダフナー(米)らと22位タイに入った。また、同No.3のジョーダン・スピース(米)は3アンダー68とスコアを伸ばし、通算2オーバー30位タイとなった。

 日本勢は、池田勇太が4バーディ、6ボギー、2ダブルボギーの6オーバー77とスコアを落とし、通算13オーバー72位タイで終戦。単独80位から出た市原弘大も、5ボギー、1ダブルボギーの7オーバー78と崩れ、通算18オーバー79位タイで4日間を終えている。

最終更新:7月18日(月)4時40分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]