ここから本文です

【GOLF】ノーボギー「65」も届かなかったメジャー6勝目 「普通なら…」

ISM 7月18日(月)4時33分配信

 現地時間17日、スコットランドのロイヤルトルーンGCで最終ラウンドの競技を終了した第145回の全英オープンでは、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が通算20アンダーでメジャー初制覇を成し遂げた。一方、1打差単独2位からの逆転を狙ったフィル・ミケルソン(米)は、6アンダー65で回りながらも3打及ばず単独2位に終わった。

「良いプレーが出来たし、良いショットもあった。メジャーの最終日にボギーフリーで65。ベストなゴルフが出来たよ」とプレーを振り返ったミケルソン。通算17アンダーは過去144回の全英オープンのうち、140回は優勝に値する数字で、3位以下には11打差をつけた。「普通なら(優勝に)十分なはずだが、勝てなかった」と悔しさを滲ませた。

 しかし「2位になったことは残念だが、ヘンリックが勝って嬉しいよ。10バーディは素晴らしいね。彼は偉大なチャンピオンで、世界のなかで最高のボールストライカーの一人だ」と勝者を称えることも忘れなかった46歳。全英オープン史上2番目の年長優勝記録は来年以降に持ち越しとなったが、メジャー6勝目を2週間後に迫る全米プロゴルフ選手権(7月28日~31日/ニュージャージー州バルタスロールGC)で狙う。

最終更新:7月18日(月)4時33分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]