ここから本文です

トルコ大統領が涙の弔辞 クーデターで死亡の旧友葬儀で

AFPBB News 7月18日(月)8時30分配信

(c)AFPBB News

【7月18日 AFP】トルコのイスタンブール(Istanbul)で17日、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領が、2日前のクーデター未遂で死亡した旧友の葬儀に出席し、弔辞の途中に涙を流す一幕があった。同国のテレビが葬儀の様子を放送した。

 地元メディアによると、大統領の旧友、エロル・オルチャク(Erol Olcak)氏は15日、同市ボスポラス(Bosphorus)橋の上でクーデターに抗議していた際、16歳の息子と共に射殺された。

 エルドアン大統領は葬儀で「エロルはわたしの古い友人だった」と語ると、涙をこらえきれず、「これ以上話すことはできない。わが国民にお悔やみを申し上げる」と述べ、弔辞を終えた。

 トルコメディアによると、オルチャク氏はエルドアン大統領とその与党・公正発展党(AKP)に協力し、2014年の大統領選ではエルドアン氏の選挙活動の立案者とみなされていた。(c)AFPBB News

最終更新:7月18日(月)8時30分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。