ここから本文です

「こっちのジャガーではない」 射殺報道、千葉の英雄が否定 新曲“熱唱”「宇宙全体で聞いて」

ちばとぴ!チャンネル 7月18日(月)5時59分配信

◆「千葉の超有名人ジャガーさんかと…」

リオデジャネイロ五輪の聖火リレーの式典に使われた動物園のジャガーが逃走し、射殺されたニュースを受け、日本では“千葉の英雄”ことロック歌手「JAGUAR(ジャガー)」さんの死亡説が一部ネット上で広がりましたが、7月17日、千葉市内の新曲披露イベントに登場したJAGUARさん本人が「こっちのジャガーではありません」と誤解を打ち消しました。

【関連動画】JAGUAR新曲披露 大爆笑のわけは?

ネットでは、「千葉の超有名人ジャガーさんが射殺されたのかと一瞬驚愕した」「『ジャガー逃走、射殺』て、ジャガーさんじゃなくてホントよかった」などの投稿が相次ぎましたが、舞台に上がったJAGUARさんは「大丈夫です」とファンの心配を自ら払拭しました。

◆「今日のために特別に“録音”」

この日、世界初公開となった新曲のタイトルは「スマイル・ウィズ・ユゥ!」。

応援団長を務める千葉テレビ開局45周年のテーマに合わせて制作され、9月ごろ発売予定の新アルバム「お母さん!」に収録予定だそうです。

初披露のステージを前に、JAGUARさんは「夢や希望がわいてくる曲。宇宙全体で聞いて欲しい」とアピール。さらに口がすべって「今日のために特別に“録音”してきました」とも。会場から失笑がもれると、慌てて「今から歌うのでぇあります!」とごまかしました。

アンコールにも応え、レジェンドの“熱唱”で大いに盛り上がったトークショー。

司会者から真っ赤な電飾付き衣装について問われると「これは体の一部です」、年齢の質問も「ジャガーは物体です」と一蹴するなど、Q&Aも“通常運転”でなごやかに進みました。

今後発売予定のジャガーレトルトカレーやフィギュア、書籍の宣伝も織り交ぜながら、終始ニヤニヤしていたJAGUARさんでした。

最終更新:7月18日(月)8時35分

ちばとぴ!チャンネル