ここから本文です

お腹のなかにいるサメの赤ちゃん、超音波画像で見るとこんな感じ

ギズモード・ジャパン 7月18日(月)12時10分配信

赤ちゃんとして見ると、サメも急にかわいく見えます。

トップのGIF画像でご覧いただいているのは、「イタチザメ」のお腹の子たち。分かりやすいように、色つきアウトラインで赤ちゃんの様子を取り囲んであるのですが、もはやそれなしでも歯とか顔のラインはしっかり確認できるレベルですよね。

妊娠したイタチザメのお母さんは、全長3.8メートル。そのお腹のなかには、なんと20頭のちいさな赤ちゃんたちが育っている状態なんですって(なんだか急に恐ろしく感じてくる...!)。

撮影の様子は、こちら(https://youtu.be/5MEYuPVtDKA)からどうぞ。

世界初のイタチザメの超音波映像を提供してくれたのは、マイアミ大学ローズンズティール・スクール・オブ・マリーン・アンド・アットモスファーリック・サイエンスのNeil Hammerschlag助教と、オーストラリアにあるニューイングランド大学のJames Sulikowski博士です。

取りつけた衛星タグは、妊娠したイタチザメがどこで出産するのか調べたり、エリアを保護したりするのに活用されるそうです。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文]
(Rina Fukazu)

最終更新:7月18日(月)12時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]