ここから本文です

【全国高校7人制ラグビー】東福岡が2年ぶりV 「チーム力」の勝利

高校生新聞オンライン 7月18日(月)22時30分配信

 第3回全国高校7人制ラグビー大会(アシックスカップ2016)が7月16日から18日まで、東京・江東区夢の島競技場などで行われた。18日の決勝では東福岡(福岡)が鍛え上げてきたディフェンス力を発揮して伏見工・京都工学院(京都)を19-15で破り、2年ぶり2度目の栄冠に輝いた。(文・写真 斉藤健仁)

 一昨年の同大会で優勝し、今年春の全国高校選抜大会も制した「ヒガシ」こと東福岡は、今大会も優勝候補筆頭だった。出場48チームを3チームずつに分けた予選プールから圧倒的な強さをみせ、予選1位チームによるカップトーナメントに臨んだ。

ハードな日程、疲労残さない作戦

 チーム力の勝利だった。1カ月ほど前から100人を超える部員の中から今大会のために25人ほどを選抜し、3チームでディフェンスを中心に試合形式の練習を繰り返した。

 その25人から、さらに15人を選抜して大会に臨んだ。大会は30度を超える暑さと湿気の中、3日間で6試合を行うハードスケジュールのため、予選プールから登録メンバー15人をフルに使う作戦をとった。「上手く15人を出して、最終日まで疲労が残らないようにやりました」(稗田新コーチ)

勝利呼んだ古賀のタックル

 その作戦があたり、好ランナーが揃う伏見工・京都工学院との決勝では、「疲れはなかった」という古賀由教(3年)が、相手のトライを防ぐタックルを2度見せて、さらに自らトライも挙げて勝利に大きく貢献した。勝因を聞かれた稗田コーチは「古賀のタックルでしょうか。非常に良かった」と称えた通り、古賀は決勝トーナメントのMVPにも選出された。

高校「3冠」狙う

 春の選抜、そして夏の7人制大会と「2冠」を制したヒガシ。もちろん、狙うは「花園」こと冬の全国高校ラグビー大会を優勝しての今年度の高校「3冠」である。キャプテンの箸本龍雅(3年)は「(花園まで)あと半年くらいあるのでウエイトトレーニングをして、フィットネスを上げて、さらに強くなっていきたい」と先を見据えた。

 なお、予選2位グループによるプレートトーナメントは桐蔭学園(神奈川)が、3位グループによるボウルトーナメントは常翔学園(大阪)が優勝した。

【東福岡ラグビー部】1955年の学校開校と共にラグビー部も創部。全国高校ラグビー大会優勝5回、全国高校ラグビー選抜大会優勝5回。日本代表WTBの藤田慶和選手らを輩出。

【7人制ラグビー(セブンズ)】7人対7人で、7分ハーフで行うが、ルールは15人制ラグビーとほとんど同じ。ただ広いスペースを少ない人数でプレーするため、パスやランの機会が多くトライシーンが増えるのが特徴だ。リオデジャネイロ五輪から男女とも正式種目となり、2020年の東京五輪でも開催が決まっている。

高校生新聞社

最終更新:7月18日(月)22時30分

高校生新聞オンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]