ここから本文です

ベルディヒとプリスコバもリオ五輪欠場を表明 [海外テニス]

THE TENNIS DAILY 7/18(月) 7:30配信

 トップ10選手のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が、ジカウイルスに関わる懸念を理由にリオ五輪の出場辞退を表明した。そして、その数時間後にやはりチェコ人で、世界16位のカロリーナ・プリスコバも同じ理由で欠場を発表した。

 ウィンブルドン準決勝進出者であるベルディヒは、家族との「長く綿密な話し合いのあとに下した、僕にとって辛い決断だった」と言った。ツイッターで彼は、「大切な家族への健康面でのリスクを最小限に抑えることが最優先事項だ」と言い、この決断によってがっかりした人々に謝罪の言葉を述べた。

ナダルがリオ五輪の最終エントリーリストに

 一方、プリスコバは自分の決断を、地元のCTKニュース・エージェンシーに明かした。

 シングルスだけでなく、ベルディヒはラデク・ステパネクと組んで男子ダブルスにも出場することが予想されていた。プリスコバもルーシー・サファロバと組んで女子ダブルスに出場することになっていた。

 彼らの発表はウィンブルドン決勝進出者のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と世界5位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が、やはりジカウイルスを理由に欠場の意志を明かした翌日のことだ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 08: Tomas Berdych of The Czech Republic serves during the Men's Singles Semi Final match against Andy Murray of Great Britain on day eleven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 8, 2016 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

Photo: EASTBOURNE, ENGLAND - JUNE 24: Karolina Pliskova of Czech Republic celebrates winning her semi final match against Johanna Konta of Great Britain on day six of the WTA Aegon International at Devonshire Park on June 24, 2016 in Eastbourne, England. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

最終更新:7/18(月) 7:30

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]