ここから本文です

添田豪 決勝で逆転勝利、今季初優勝飾る<男子テニス>

tennis365.net 7月18日(月)8時10分配信

ナショナル・バンク・チャレンジャー

男子テニスの下部大会であるナショナル・バンク・チャレンジャー(カナダ/ウィニペグ、ハード、ATPチャレンジャー)は17日、シングルス決勝戦が行われ、第5シードの添田豪(日本)が世界ランク452位のB・カブチッチ(スロベニア)を6-7 (4-7), 6-4, 6-2の逆転で下し、今季初優勝を飾った。

この試合、添田は第1セットをタイブレークの末に落とすも、第2セットから流れを掴み始め、ファイナルセットではカブチッチに1度もブレークチャンスを与えない試合を展開し、2時間34分で勝利した。

現在31歳の添田は、今季開幕戦となった下部大会のバンコク・オープンで準優勝、続くマニラ・チャレンジャーで4強入りと好調だったが、その後は早期敗退が続き思うような結果を残せずにいた。

前週のニールセン選手権(アメリカ/ウィネテカ、ハード、ATPチャレンジャー)では準決勝で西岡良仁(日本)にストレートで敗れた。

西岡は、今大会の準決勝でカブチッチと対戦するも、3-6, 2-3とカブチッチにリードを許した場面で左肘の痛みにより途中棄権を申し入れた。

先週のニールセン選手権では決勝でF・ティアフォー(アメリカ)をストレートで下して今季初優勝を飾っている。

tennis365.net

最終更新:7月18日(月)8時10分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]