ここから本文です

関東から西は33℃前後の厳しい暑さ 甲府や浜松は35℃以上の猛暑日に

ウェザーマップ 7月18日(月)7時1分配信

 三連休最終日のきょう(海の日)は、梅雨前線が日本付近で不明瞭になり、西日本を中心に高気圧圏内となるため、晴れて強い日差しが照りつける見込み。このため、広い範囲できのうより気温が高くなり、厳しい暑さになりそうだ。

 関東から西の広い範囲で30℃以上の真夏日になり、35℃以上の猛暑日になるところもある予想。湿度も高く、蒸し暑い1日になる見込みのため、水分・塩分補給、日なたを避ける、エアコンを適切に使うなど、熱中症には十分な注意が必要だ。
 きょうは海の日だが、水の中では、汗をかいていることに気付きにくく、海や屋外プールなどでは日差しを遮るものがないため、特に注意する必要がある。

【きょうの予想最高気温】
35℃ 飯田(長野)、甲府、浜松(静岡)、風屋(奈良)、日田(大分)
34℃ 名古屋、岐阜、京都、高松、山口
33℃ 前橋、熊谷(埼玉)、津、和歌山、岡山、高知、佐賀 など
32℃ さいたま、東京、大阪、神戸、福岡、大分、熊本、那覇 など

【高温注意情報(午前5時時点)】
長野県、山梨県、静岡県、奈良県、高知県、大分県、八重島、宮古島

最終更新:7月18日(月)7時1分

ウェザーマップ