ここから本文です

ル・コルビュジエ氏の17建築作品、世界遺産に

AFPBB News 7月18日(月)9時8分配信

(c)AFPBB News

【7月18日 AFP】国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)は17日、フランス人建築家ル・コルビュジエ(Le Corbusier)氏が手掛けた、国立西洋美術館本館(東京都台東区)を含む17の建築作品を世界文化遺産(World Heritage Cultural Site)に登録することを決めた。

 17の建築作品の所在はフランス、スイス、ベルギー、ドイツ、アルゼンチン、日本、インドの7か国におよび、コルビュジエ(本名:シャルル・エドゥアール・ジャンヌレ、Charles-Edouard Jeanneret-Gris)氏の世界的な影響がうかがえる。

 映像は仏フィルミニ(Firminy)にあるコルビュジエ氏の建築作品。5日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7月18日(月)16時59分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。