ここから本文です

新たなクロップ・チルドレンに注目! リヴァプール、16歳のネクスト・ラムジーが鮮やかな決勝弾

theWORLD(ザ・ワールド) 7月18日(月)2時4分配信

コウチーニョ&フィルミーノが先発

ユルゲン・クロップ監督がチームを率いて2シーズン目を迎えるリヴァプールは現地時間17日、DWスタジアムでフレンドリーマッチを行いウィガン(イングランド2部)と対戦した。新加入のGKカリウス、MFマティプ、MFマネが出場機会を得て、18歳のエジェリアと20歳のブラナガンなど若手選手も先発で起用された。

前半はリヴァプールがボールを保持して押しこむ展開となるも、人数をかけて守るウィガンに苦戦してゴールをこじ開けることができない。15分にはMFフィリペ・コウチーニョが左ポスト叩く惜しいシュートを放つなどしたが、45分間でスコアは動かなかった。

0-0で迎えた後半、リヴァプールのクロップ監督はGKカリウスとDFマティプと残してハーフタイムに大幅にメンバーを変更した。すると70分に試合が動く。途中出場したリヴァプールのMFマルコビッチが右サイドからクロスを送り込むと、FWイングスがワントラップからシュートを流し込んで先制に成功する。

さらに4分後、後半から途中出場したリヴァプールの新星、16歳のU-17ウェールズ代表MFベン・ウッドバーンが輝きを放つ。MFケントのスルーパスに抜けだして左サイドを突破したウッドバーンが、GKとの一対一を冷静に制し追加点を決めた。アーセナルのアーロン・ラムジーと比較されるベン・ウッドバーンは、13日に行われたフリートウッド・タウン(イングランド3部相当)とのフレンドリーマッチに続いて得点を重ねている。

試合はそのまま終了し、2-0のスコアでリヴァプールがウィガンに勝利した。リヴァプールは対戦相手が格下ばかりとはいえ、今夏の親善試合で完封勝利を続けている。

[スターティングメンバー]
ウィガン:ニコルズ、チョー、ヘンドリー、ピアース、タイラー、モルシ、ギルビー、 フローレス、コルクロウ、オデルシ、ヴィルスフート

リヴァプール:カリウス、ランドル、マティプ、ロヴレン、フラナガン、ブラナガン、スチュワート、マネ、エジャリア、F・コウチーニョ、フィルミーノ

[スコア]
ウィガン 0-2 リヴァプール

[得点者]
リヴァプール:イングス(70)、ウッドバーン(74)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月18日(月)2時4分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]