ここから本文です

27歳クリザン 決勝わずか59分の完勝で今季2勝目<男子テニス>

tennis365.net 7月18日(月)10時40分配信

ジャーマン・オープン

男子テニスツアーのジャーマン・オープン(ドイツ/ハンブルグ、レッドクレー、ATP500)は17日、シングルス決勝戦が行われ、第7シードのM・クリザン(スロバキア)が第3シードのP・クエバス(ウルグアイ)を6-1, 6-4のストレートで下し、今季2勝目をあげた。

全セットタイブレークの激戦

両者初の対戦となったこの試合、クリザンはファーストサービスが入った時に84パーセントと高い確率でポイントを獲得。クエバスに1度のブレークを許すも、それを上回る4度のブレークに成功し、わずか59分で勝利した。

現在27歳のクリザンは、今年2月のABNアムロ 世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、ハード、ATP500)の決勝でG・モンフィス(フランス)を下してATP500での初タイトルを獲得。

今大会の優勝は今シーズン2度目、キャリア通算6勝目となった。

tennis365.net

最終更新:7月18日(月)10時40分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。