ここから本文です

10万人が生活用品求め隣国へ、国境を一時再開放 ベネズエラ

AFPBB News 7月18日(月)10時32分配信

(c)AFPBB News

【7月18日 AFP】物資不足にあえぐベネズエラと隣国コロンビアのククタ(Cucuta)をつなぐ歩道橋が17日、一時的に再開放された。コロンビア当局によると、午後までに10万人以上が生活必需品を求めて同国入りした。ベネズエラの国家警備隊と両国の警察、領事館員らがあふれかえる人々の誘導に当たり、再び国境が閉鎖されると、人々は購入した食品や医薬品などを手に帰途に就いた。(c)AFPBB News

最終更新:7月18日(月)16時57分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。