ここから本文です

ゴルビッチがWTAツアー初優勝 [グスタード/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月18日(月)15時0分配信

 スイス・グスタードで開催された「グスタード女子選手権」(WTAインターナショナル/7月11~17日/賞金総額25万ドル/クレーコート)の決勝で、ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)が第3シードのキキ・バーテンズ(オランダ)を4-6 6-3 6-4で下して優勝した。

 第1セットは4-4からブレークしたバーテンズが獲得したが、続く2セットはゴルビッチが新たな力を発揮した。

久見香奈恵/高畑寿弥は初戦で第3シードに敗退 [グスタード女子選手権]

「4-4でゲームを失ったときは本当に辛かった。私は多くのミスをおかし、彼女にプレゼントをあげてしまっていたと思う。でもその第1セットのあと、私は新たなエネルギーを見つけだそうとした。私にとってはそこから、ゼロからの新しい試合が始まったの」とゴルビッチ。

 ウィンブルドン前のスヘルトーヘンボス(オランダ)でWTA大会で初めて準々決勝に進んだ23歳のゴルビッチは、その1ヵ月後に初タイトルを獲得した。

 この急上昇を振り返り、ゴルビッチは「本当に驚くべきこと。4月にカトヴィツェ(ポーランド)の大会で1年ぶりにWTA大会の本戦に出場でき、そこで1回勝った。それからスヘルトーヘンボスで準々決勝に進出した。本当に新しい経験だった」と驚きを隠さなかった。

「そこから私はさらに上達し、そして今ここで優勝者となれた。本当に信じられない、素晴らしいわ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 25: Viktorija Golubic of Switzerland plays a backhand during the Women's Singles second round match against Lucie Safarova of the Czech Republic at Roland Garros on May 25, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:7月18日(月)15時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。