ここから本文です

イグアインはユーヴェに行くべきか ローマ指揮官「セリエA全体のクオリティ上がる」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月18日(月)18時10分配信

UCLでのユヴェントスの戦いに期待

ナポリFWゴンサロ・イグアインがユヴェントスに向かうのではないかとの話題は、セリエAの各クラブを震え上がらせるものだ。ただでさえ強いユヴェントスにイグアインまで加わってしまえば、セリエA6連覇は開幕前からほとんど決まってしまったようなものだろう。

しかし、ローマ指揮官のルチアーノ・スパレッティは意外にもイグアインのユーヴェ移籍を望んでいる。伊『Sky Sport Italia』によると、同指揮官はイグアインが加わることでユヴェントスがチャンピオンズリーグ制覇という大きなチャレンジができると考えている。また、それがセリエAのレベルを上げることにも繋がり、ナポリもイグアインの売却益で数選手集めることができると持論を語った。

「正直なところ、私はイグアインがユーヴェに行けばセリエA全体のクオリティが上がると考えている。ナポリはイグアインの売却益を使い、4~5人ほどのクオリティあるトッププレイヤーを獲得して同じように強いチームを作るだろう」

今のところチャンピオンズリーグの舞台でバルセロナやバイエルンとやり合えるセリエA勢はユヴェントスだけで、ローマもナポリも彼らには歯が立たないだろう。そう考えるとユヴェントスがチャンピオンズリーグの舞台で躍進するのは決して悪い話ではなく、将来的にはセリエAにとって良いことになるかもしれない。

ナポリにとってイグアインは絶対に外せない選手だが、スパレッティの言葉通り売却益で数人のトッププレイヤーを揃えることも可能だ。果たしてセリエAシーズン最多得点記録を更新したイグアインは王者の下へ向かうのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月18日(月)18時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]