ここから本文です

新監督にハインケスが行った仕事を求めるロッベン、タイトル獲得には土台を固める必要ありか

theWORLD(ザ・ワールド) 7/18(月) 19:00配信

2人の指揮官を評価

バイエルンに所属するオランダ代表FWアリエン・ロッベンは新監督に注文することがあるようだ。

ロッベンはバイエルンのここ数年の黄金期は2人の指揮官のおかげだと考えている。米『ESPN』で「ファン・ハールの時代にすでにクラブにはポジティブな変化が生まれ始めていたと思う。彼が用いた攻撃的なやり方とかね。それをハインケスが形作った。彼はディティールにこだわったね」と話した。

続けて「グアルディオラは少し他とは異なったし、アンチェロッティもまた違う。しかし大きな違いはない。あるのは少しの変化だけだ。一貫したプレイスタイルというのがあれば、チームは成功できるはずだ。それを作りあげなければならない」とカルロ・アンチェロッティ新監督に土台を作ることを要求している。

すでにグアルディオラが残した遺産があり、チームとしては成熟度が高いバイエルン。アンチェロッティがそれをさらに固めていくことができれば、二度目の3冠も夢ではないはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/18(月) 19:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報