ここから本文です

インテルはまだまだサイドバックが欲しい バルサ&ニューカッスルのサイドバックに狙い

theWORLD(ザ・ワールド) 7月18日(月)21時12分配信

長友のライバルは増えるのか

ジャネル・エルキン、クリスティアン・アンサルディ、ダニーロ・ダンブロージオ、そして日本代表DF長友佑都とインテルにはサイドバックを務める選手が複数揃うが、彼らは今夏まだサイドバックを探している。

インテルはダヴィデ・サントンとドドーの放出が濃厚となっており、その代わりに2人のサイドバックをリストアップしている。伊『Calciomercato』によると、1人はバルセロナDFアレイクス・ヴィダル、さらにニューカッスルDFダリル・ヤンマートも獲得リストに挙がっている。

ヴィダルはMFアルダ・トゥランとともに昨季途中からバルサのトップチームに合流したが、出場機会はそれほど増えなかった。今夏にはダニエウ・アウベスがユヴェントスに移籍したことで状況が変わってきているが、インテルの獲得レーダーに入っているようだ。

一方のヤンマートは所属するニューカッスルが昨季2部に降格したため、移籍すると言われている選手だ。2014ワールドカップでもオランダ代表の右サイドバックとしてプレイしており、実力的にはインテルでのプレイも可能だろう。

現在長友はアンサルディやエルキンとのポジション争いに励んでいるが、そこにヤンマートかヴィダルも加わることになるのか。昨季に続いてインテルはサイドバック大国となるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月18日(月)21時12分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]