ここから本文です

現場&フロント一体、他球団の“甘さ”…森脇浩司氏が見るセパ首位独走の要因

Full-Count 7/18(月) 15:09配信

森脇氏が見る広島&ホークス首位独走の要因とは

 プロ野球はオールスターゲームを終え、今日18日から後半戦がスタートする。前半戦では、セ・リーグは広島が2位・巨人と10ゲーム差をつけて首位を快走。パ・リーグはリーグ2連覇中のソフトバンクが今年も盤石の強さを発揮し、前半戦で早くも貯金「30」を積み上げた。一方、セ・リーグは2位以下が大接戦で、パ・リーグも2位・日本ハムが前半戦の終盤から怒涛の勢いを見せている。広島、ソフトバンクが首位を走る要因とは何か――。前オリックス監督の森脇浩司氏に話を聞いた。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

--------------------------------------------------

 セ・リーグは広島の勢いが止まらないまま前半戦を終えた。87試合を消化し52勝33敗2引き分け。2位・巨人までは10ゲーム差、貯金を「19」まで増やして折り返すことができ、非常に有利に後半戦をスタートさせることができるだろう。

 1991年以来、実に25年ぶりの優勝を目指す広島は投打においてバランスが取れている。投手では一本立ちした野村が前半戦だけで11勝。メジャーへ挑戦したエース・前田健太が抜けた穴は大きいと誰もが思っていたが、それ補って余りある素晴らしい活躍を見せている。そして昨年、最優秀防御率を獲得したジョンソンが9勝と今年も安定している。序盤はドラフト2位・ルーキーの横山弘樹が奮闘し、同1位の岡田もそれに負けじと先発ローテに加わった。先発陣は若い力が踏ん張りを見せ、黒田(6勝5敗)に掛かる負担を減らしたのが大きい。

 そして打線は文句の付けようがないほど充実している。チーム打率2割7分2厘、88本塁打、421得点、77盗塁は12球団NO.1の成績だ。まさに理想的な打線と言えるだろう。

 田中、菊池、丸の1、2、3番は出塁率が高く機動力を駆使し、時には自ら決めにいく勝負強い打撃がある。中軸にはケガで離脱したがエルドレッド、新加入のルナ、そして復活を果たした新井が構える。そこに勢いのある鈴木、下水流、安部が存在し、代打には松山、岩本が控え、相手投手は気が抜けない。また、走者一塁からのシングルヒットで一、三塁を作る確率が昨年を大きく上回り、他チームとゲーム差以上に差を感じる部分でもある。

1/2ページ

最終更新:7/18(月) 15:09

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革