ここから本文です

ハム陽岱鋼が先制適時二塁打 「犠牲フライだと思った」打球がフェンス直撃

Full-Count 7月18日(月)18時51分配信

フェンス直撃の二塁打に「風のおかげかな」

 日本ハムの陽岱鋼外野手が18日の楽天戦(札幌ドーム)で“神風タイムリー”を放った。

 楽天戦(札幌ドーム)で「3番・中堅」でスタメン。初回無死一、三塁。則本の外角スライダーをバットに乗せた。中堅方向へ伸びていく打球はフェンス直撃。先制適時二塁打となった。

 陽岱鋼は「犠牲フライだと思ったけど、打球はよく伸びたね。風のおかげかな(笑)。チームが初回から作ってくれたチャンスだったので、きっちり結果を残せたのは良かったね」と振り返った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月18日(月)18時51分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。