ここから本文です

後半戦初戦で完封負け、ホークス工藤監督が怒りの矛先向けたプレーは…

Full-Count 7/18(月) 19:39配信

5回途中5失点の東浜には「ここ2、3試合同じようなピッチング」

 18日、ソフトバンクにとって後半戦のスタートとなったオリックス戦は福岡での「鷹の祭典」の初日。しかし、先発の東浜巨がT-岡田に満塁弾を許すなど0-6で敗れ、青一色に染まったスタンド同様、チームにはブルーな気分が漂った。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 試合後の工藤公康監督は、満塁被弾の東浜について聞かれると「甘い球を投げないピッチャーはいない。それよりも、その前のプレーの方がよっぽどね」と、フィルダースチョイスで1死満塁の状況を作った細川亨に怒りの矛先を向けた。

「あれくらいのベテランがセカンドで間に合うかどうかくらいしっかり判断できないと。(1アウト一塁、三塁からの)セーフティスクイズだと思うけど、それが思ったより転がらなかったから三塁ランナーは突っ込まなかった。それを間に合わないセカンドに投げてしまうのがね。あそこは(一塁に投げて)1つのアウトをしっかり取るように判断しないと。投げるときに二塁は見えるはずだから、らしくないですね」

 東浜については「ここ2、3試合同じようなピッチングが続いているね」とひと言。

「コントロールを意識しすぎてスピードが出ていない。低めにしようと思うと腕の振りを抑えないといけないからね。下(下半身)を使って低めに投げなきゃいけないのがピッチャーの基本。それができないのは練習不足なのか、意識が足りないのか、そこはコーチが見てしっかり伝えていかないと」

転んで走塁死となった福田のプレーには「積極的にいこうとした裏返し」

 2回裏の攻撃では、ヒットで出塁した福田秀平が、続く本多雄一のレフト前ヒットで二塁から三塁方向に大きく進みながらも、二塁へ戻ろうとして足を滑らせ、挟殺でアウトとなった。

 その直後のイニングに東浜が失点するなど、試合の流れとしては大きなプレーとなったが、工藤監督は「三塁が空いていたからいけると思ったんだろう」と分析。オリックスの三塁手・大城が、本多の打球を追ってベースについていなかったことから生まれたプレーだと説明した。

「(チームとして)打てなくなると次の塁へ、次の塁へと考えてしまう。表裏一体のところはあるんだよ。少しでも前に行こう、積極的に行こうとしたことの裏返しだね。ただ、あえて福田くんに言うとしたら『スパイクがしっかり人工芝に噛むようにしといてね』ということかな」

 また、元気のない打線については、この日スタメンを外れた長谷川勇也と、打順を1番から6番に戻した松田宣浩を例に挙げて語った。

「長谷川くんも調子が上がってこないし、打てなくなると周りも何とかしないといけないとなってくるから、早く(調子を)上げる方法を自分でやっていかないと。自分が思ったようにできない部分は、練習しかないかな、と。マッチ(松田)も打順を戻してみたけどダメだったね。変化球を意識すればまっすぐでファウルを取られるし、まっすぐを意識したら変化球でゴロを打たされる。自分でも感じているところはあるだろうから、それをどう修正するかだね」

 オリックス戦は7月4日からの前回のカード同様、初戦で黒星。19日は、前回その初戦黒星を喫した西勇輝が相手となるだけに、打線の奮起を期待するしかない。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7/18(月) 22:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]