ここから本文です

日ハム、後半戦初戦勝利で今季最多貯金「19」&ホークスを猛追「5」差に

Full-Count 7月18日(月)21時4分配信

先発のメンドーサが7回3安打無失点で6勝目

 日本ハムは18日の楽天戦(札幌ドーム)で3-1で快勝。2連勝で今季最多の貯金19とし、首位・ソフトバンクと5ゲーム差に縮めた。

 則本が相手でも、球宴ブレイクがあっても、日本ハムの勢いは変わらなかった。初回、先頭の西川が遊撃内野安打で出塁。続く田中賢の右前適時打で一、三塁にチャンスを広げ、陽岱鋼が「風のおかげかな」と振り返る中堅フェンス直撃の適時二塁打で先制した。

 さらに、1死一、三塁からは5番・大谷がフォークを右前適時打。大谷は「真っすぐを待っていたんですけどね。いいところに抜けてくれました」とコメント。2回にも田中賢の投手強襲のタイムリーで4年連続2桁勝利を目指す則本から3点を奪った。

 投げては先発のメンドーサが7回3安打無失点。楽天戦は昨年8月1日から6連勝で、今季6勝目を飾った。

 札幌ドームは8連勝。大谷は「もっともっとパ・リーグを盛り上げたい」と話していたが、この勝利で7月は10勝1敗。驚異的なペースで首位・ソフトバンクを猛追している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月18日(月)21時9分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)