ここから本文です

広島・緒方監督、新井のサヨナラ弾に感服「新井さま」「すごい、の一言」

Full-Count 7月18日(月)22時36分配信

25年ぶりVへ後半戦も最高のスタート、指揮官は投手陣も評価

 広島は18日、マツダスタジアムで行われた中日戦に3-2でサヨナラ勝ちし、貯金を再び20の大台に乗せた。緒方監督は「今日は当然、新井さんでしょう。新井さま、になるかな」と、値千金の一発を放ったベテランを称賛した。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 2-2の同点で迎えた9回裏、新井がライトスタンドへサヨナラ本塁打を放った。緒方監督は「すごい、の一言。相手の失投とはいえ、ひと振りで、しかもホームランを打つんだからね」と感服した様子だった。

 中日先発の若松に6回まで3安打に抑えられていたが、7回に丸、ルナの連打からチャンスを作り、同点に追いついた。それでも緒方監督は「前半からとらえた打球は多かった」と打撃陣への信頼は失わず、「7回は相手のエラーもあったけど、あそこで同点に追いついたのは大きかった。その回も、新井が四球でつないでくれた」と、ここでも新井を褒めた。

「後半戦に入って最初の3連戦。重要な試合で選手も難しかったと思う」と、指揮官はオールスターブレイクの影響を気遣ったが、「先発のジョンソンは、苦しみながら要所要所を抑えたし、その後の中継ぎ陣も無失点で、それがサヨナラにつながった」と、投手陣の評価も忘れなかった。

 前半戦の勢いそのままの快勝で、25年ぶりの悲願を目指すチームは最高のスタートを切った。「とにかく後半戦、そして3連戦の初戦を取れたのは大きい。ナイスゲームだね」と、前半戦に何度も発した言葉で会見を締めくくった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7月18日(月)22時36分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]