ここから本文です

「秦野たばこ祭」 映画撮影で再現

カナロコ by 神奈川新聞 7月18日(月)8時0分配信

 秦野市最大のイベント「秦野たばこ祭」の会場が16日、秦野市役所駐車場で再現された。市内をメインロケ地に撮影中の映画「じんじん秦野編」のロケの一コマで、主演の大地康雄さんや市民エキストラら約600人が参加した。

 たばこ祭は例年、9月末に行われるが、映画のストーリー上、今回は7月の設定。特設ステージと県人会やサッカーチームなどが出店した模擬店がお目見えした。模擬店で売る軽食は映画スタッフがコンビニ店で買った焼きそばやたこ焼きを紙皿に並べて、再現した。

 大道芸人役の大地さんがステージ上で、がまの油売りの口上を披露すると、観客役の市民から大きな拍手が上がっていた。エキストラで参加した市内のトラック運転手古谷博さん(51)は「楽しく映画に出演できた」と喜んでいた。

最終更新:7月18日(月)8時0分

カナロコ by 神奈川新聞