ここから本文です

MotoGP第9戦ドイツGP決勝トップ3コメント:マルケス「可能性にかけてバイクを乗り換えた」

オートスポーツweb 7月18日(月)1時36分配信

マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(1位)
「正直、難しい決断だった。自分のライディングスタイルに合わないレインを選択してしまい、すごく苦戦した。フラッグtoフラッグだということは分かっていたから、可能性にかけて、バイクを乗り換えることにしたんだ。バイクを乗り換えてからは簡単にリズムに乗ることができた」

カル・クロッチロウ/LCRホンダ(2位)
「13番グリッドだったし、路面が乾くと考えて、フロントにハードオプションを選択した。序盤の数周は難しく集中しなければならなかった。ピットに入ったのは遅く、ピットインを知らせるサインボードを1周無視して、目の前を走るライダーを追いかけ、バレとドビをキャッチした。そして、ギャンブルに出たんだ。もし、コースに留まっていてもいい位置にいたかもしれない。週末を通じて素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい」

アンドレア・ドビジオーゾ/ドゥカティチーム(3位)
「フロントにエクストラソフトを選んだが、コースが乾き始め、速く走るために集中したが、タイヤがうまく機能しなくなった。あと2周早くマシンを乗り換えていれば結果は違ったかもしれない。トップで長く周回できたことはよかったが、終盤にポジションを失ったことは残念。でも、表彰台に立つことは今のボクたちにはとても重要なこと。この結果はチームのためにある」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月18日(月)1時36分

オートスポーツweb