ここから本文です

DTM第10戦:グリーンが見せた圧勝劇。今季初勝利で王者争いは混沌

オートスポーツweb 7月18日(月)11時44分配信

 オランダ・ザントフールトでドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)第10戦はが開催。ポールポジションからスタートしたジェイミー・グリーン(アウディRS5 DTM)が制し、今季初勝利を挙げた。

 前日に行われた第9戦のクラッシュで負傷したエイドリアン・タンベイの代わりにブランパンGTに参戦するレネ・ラストが急遽起用される。

 予選では、グリーンがケイリー・パフェット(メルセデスAMG C63 DTM)を0.079差で上回りポールを獲得。パフェット、クリスチャン・ビエトリス(メルセデスAMG C63 DTM)、エドアルド・モルタラ(アウディRS5 DTM)と続き、前日に勝利したロバート・ウィケンス(メルセデスAMG C63 DTM)は5番手に入った。

 60分+1周(タイヤ交換義務あり)で争われる日曜日のレース。グリーンがホールショットを決めトップをキープ。5番手スタートのウィケンスが好スタートをみせ3番手に浮上。勢いに乗るウィケンスは、3周目にパフェットをオーバーテイクし、グリーンを追いかける。

 ウィケンスを抑えるグリーンは、12周目終わりでいち早くピットイン。ウィケンスもグリーンを追いピットへ。両陣営のピット作業に注目が集まる中、ウィケンスは3.5秒でピットアウト。しかし、アウディ・スポート・チーム・ロズベルグは2.5秒でグリーンを送り出しトップを死守する。

 全車がピットインを終えた28周目にグリーンはトップに返り咲き、ウィケンス、パフェット、ビエトリス、モルタラと続く。

 グリーンを攻めたいウィケンスだったが、34周目に左フロントタイヤに問題が起きコースオフ。コースになんとか復帰するも5番手に後退してしまう。

 トップを快走するグリーンは、ペースをコントロールしトップでチェッカーを受け、今季初勝利を挙げた。2位にはパフェット、3位にモルタラ、ランキングトップのマルコ・ウィットマン(BMW M4 DTM)が4位に入った。

「ここザントフールトで勝ててとても喜んでいるんだ。この勝利を何年も待っていたんだ。今日、すべてがうまくいったよ。ピットストップ後のタイヤはとてもよかったね。ロバート(ウィケンス)やゲイリー(パフェット)を引き離すことができた」とグリーン。

 ウィットマンは12ポイントを加えランキングトップをキープ。初勝利を挙げたグリーンが7ポイント差の2位に浮上している。


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月18日(月)11時46分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。