ここから本文です

セガのメガドライブ用ゲーム『レンタヒーロー』がハリウッドで実写化!

クランクイン! 7月18日(月)12時0分配信

 セガが1991年に発売して一部のゲームファンからカルト的な人気を集めていたテレビゲーム『レンタヒーロー』が、ハリウッドで実写化されることが明らかになった。海外メディア/Filmが報じている。

【関連】『ストII』『マリオ』『FF』…人気ゲームの映画化<フォト特集>


 『レンタヒーロー』は、家庭用ゲーム機メガドライブのソフトとして発売された作品。その内容は、主人公がピザを注文したところ、誤ってバトルスーツが届けられ、主人公はこれを使って様々なヒーロー活動をしていくという不思議なもの。2000年にはリメイクされ、アメリカでリリースされることになっていたが、この企画は頓挫していた。

 映画版は、オリジナルとは異なる物語になる模様。劇中では、とあるハイテク企業で働く主人公とその同僚たちが、上司が人々の生活向上を大義名分に、開発したテクノロジーを軍事目的に使用することを企んでいることを知り、これを阻止するために立ち上がる姿が描かれるという。監督を務めるのは、『ナイト&デイ』を製作したスティーヴ・ピンク。ピンクは脚本も担当しており、現在『Grumpy Cat’s Worst Christmas Ever(原題)』を担当したジェフ・モリスと共同執筆しているという。

 『ブリッジ・オブ・スパイ』のプロデューサーとして知られるマーク・プラットが、セガと博報堂DYグループの関連企業であるストーリーズ・インターナショナル社と共に製作を務め、同社のエヴァン・チョルフィンが製作総指揮を務めるとのこと。今のところ、キャスト、撮影の開始時期、公開時期は明らかになっていない。

 ちなみにこの『レンタヒーロー』は、「Wii」のバーチャルコンソールで購入してプレイすることができる。

最終更新:7月18日(月)12時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。