ここから本文です

イケメン俳優もお気に入り! それでも大原櫻子が女子中高生から愛されるワケ

クランクイン! 7月18日(月)6時20分配信

 現在放送中の月9ドラマ『好きな人がいること』に出演中の大原櫻子。映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13)でスクリーン&CDデビューして以降、女子中高生から絶大な人気を集めているが、女優として、シンガーソングライターとして、そして一人の女性として、多くの支持を得る理由は一体どこにあるのだろうか?

【関連】「大原櫻子」フォトギャラリー


 17歳のときに映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の全国ヒロインオーディションで5000人の中から抜擢され、佐藤健の相手役として華々しいデビューを飾った大原。あどけなさが残る笑顔とふんわりマッシュルームカット、小さな体に大きなギターというアンバランスなルックスがいかにも愛らく、大好きな彼とバンドデビューの夢を追いかける女子高生を好演し、同世代の女子の共感を集めた。そして本作で「第23回日本映画批評家大賞・新人賞」を受賞。初々しくも確かな演技力は女優としての道を開かせた。

 それ以降、ドラマや映画に相次いで出演。ドラマ『水球ヤンキース』では幼なじみの男子二人(Hey! Say! JUMP・中島裕翔、山崎賢人)の間で揺れ動くヒロイン・渚役、『恋仲』では福士蒼汰演じる主人公の妹・七海役で等身大のキャラクターを務め、誰からも愛される妹的ポジションを確立した。パティシエのヒロイン(桐谷美玲)がイケメン三兄弟(山崎賢人、三浦翔平、野村周平)とシェアハウスで繰り広げる恋模様を描いた『好きな人がいること』では、兄弟に近づくミステリアスな女性・西島愛美役に挑戦し、新しい一面を見せてくれる予感を醸している。


 歌手としても「第56回日本レコード大賞」で新人賞を受賞するなど大躍進しており、これまでシングル5枚、アルバム2枚をリリース。恋や夢に向かってひたむきに走るポジティブなリリックは、透明感のある歌声によって素直に心に届き、「めっちゃ元気出ます」「歌の力を感じる」と青春真っ只中の女子たちの背中を後押ししている。

 人気ぶりは93万7000人のフォロワー数を誇るインスタグラムにも表れている。キュートでお茶目な表情の自撮り写真をはじめ、三浦翔平や城田優、吉沢亮といったこれまでに共演したイケメン俳優たちとの“双子コーデ”や“頭ポンポン”のツーショット画像を掲載するたびに、「めっちゃ可愛い」「大好き」「付き合っちゃえ!」「こんなカップルになりたい」「ほんとの兄妹みたい」といった好意的なコメントが数多く寄せられている。

 イケメン俳優との共演が多く、ややもすれば女性からの反感を買いそうだが、愛嬌があって天真爛漫な素顔と、劇中で見せるそれ同様の役柄は嫉妬するに値せず。そんな妹のような可愛さと、そばで励ましてくれるようなフレンド感覚の素朴さが、大原が女子から愛されるワケなのかもしれない。(文:錦怜那)

最終更新:7月18日(月)6時20分

クランクイン!