ここから本文です

マドンナ、“ある注射”で手のシワ取りに成功か

クランクイン! 7月18日(月)7時0分配信

 現在57歳の米人気歌手マドンナが、手のシワを取るために“ある注射”受けたようだ。その注射とは、1回45分間のメソセラピーとも呼ばれる脂肪溶解注射で、1回あたり250ポンド(約3万5000円)かかるという。

【関連】「マドンナ」フォトギャラリー


 これまで、たびたび手袋をしている姿を目撃されていたマドンナ。だが、この注射を3回受けたことで手の状態が改善されたことから、久しぶりに何も手を覆うことなく外出しているようだ。

 ある関係者はThe Daily Mirror紙に「メソセラピーは痛くありませんが、やさしいものでもありません。施術後はアミノ酸とヒアルロン酸の影響で見苦しい状態になるので、36時間は手袋をはめなければなりません。たった3回の施術で、手の状態はかなり改善されましたから、マドンナはこの結果を喜んでいますよ」と説明すると、マドンナが久しぶりに手袋やミトンをつけることなく出歩いていることも明かした。

 ロシアで人気のメソセラピーは、80から100本の小さな注射でビタミンと調剤を肌に注入し、施術後にたくさんの丘疹がでることから「バブルセラピー」との呼び名もついている。ロンドンで10年以上メソセラピーの施術をしてきたイリーナ・スチュワート氏は、「1回の施術だけでも、高価なクリームを1瓶全部使ったようなほどの即効性があります」とその効果を主張している。 

最終更新:7月18日(月)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。