ここから本文です

『スター・ウォーズ』ダース・ベイダーが主役のVR映像作品、製作決定

クランクイン! 7/18(月) 5:00配信

 映画『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクターであるダース・ベイダーが主人公の映像作品が、VR(バーチャルリアリティ)映像技術を用いて製作されることになった。海外メディアCINEMABLENDなどが報じている。

【関連】SW最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』場面写真


 今のところ、タイトルや監督、キャストなどは明らかになっていないが、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』やクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』3部作の原案で知られるデヴィッド・S・ゴイヤーが脚本を担当するとのこと。

 この映像作品は、ルーカス・フィルムの開発部門ILMxLABによるVR技術を導入し、観客はヘッドホンとVRゴーグルを装着しながら鑑賞するという。同社の公式ツイッターは本作について、「映画ではないが、VRでの物語体験」と称している。

 ロンドンで開催された『スター・ウォーズ』シリーズ公式ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」に登場したゴイヤーは、「『スター・ウォーズ』における全てのキャラクター、舞台、世界を見渡して、『まだ見ていないものは何か?知りたいと思うのは誰だ?』と自問した。ダース・ベイダーこそが、我々をVRで描かれる『スター・ウォーズ』の世界に導く、最も適切な存在だ」とコメントしている。

最終更新:7/18(月) 5:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]