ここから本文です

日本記録まで残り9登板 日ハム・宮西に期待がかかる記録とは…

ベースボールキング 7月18日(月)11時45分配信

 中日の田島慎二が開幕から31試合連続無失点の日本新記録を樹立したが、藤川球児が持つ連続無失点の日本記録38に届かなかった。日本ハムの宮西尚生は、現在29試合連続無失点中と藤川が持つ日本記録に迫っている。

 宮西は2008年にプロ入り後、昨季まで8年連続で50試合以上登板を記録する鉄腕サウスポー。意外にも中継ぎのタイトルは獲得したことはないが、14年には自己最多の41ホールドをマークした中継ぎのスペシャリストだ。

 今季は、故障の影響で開幕は二軍スタート。4月8日に一軍登録されると、翌9日の楽天戦で今季初登板を果たした。初登板で、しっかりと抑えて、最高のスタートを切りたいところだったが、0回1/3を投げて2失点と苦しいマウンドとなった。

 最悪な初登板となった宮西だが、この日の登板を最後に1度も失点を許していない。昨季も50試合に登板して、3勝3敗、防御率2.70と安定した成績を残していたが、被打率を見ると、左打者は.162(74-12)と抑えていたものの、右打者に対して被打率.230(74-17)、4本の被本塁打を浴びた。

 今年はというと、左打者が.143(35-5)と昨季よりも抑え込めば、右打者に対しても.108(37-4)、0被本塁打と左打者よりも封じている。左だけでなく、右打者もきっちりと抑えていることが、今季の安定感に繋がっているといえそうだ。

 前半戦最後の登板となった7月13日のオリックス戦では、対戦した打者が全員右だったが、モレルを捕邪飛、伏見寅威を遊ゴロ、大城滉二を空振り三振に仕留めて見せた。他球団の右打者を見ても、対戦数は少ないが、内川聖一(ソフトバンク)、浅村栄斗(西武)といった強打者たちを無安打に抑え込んでいる。

 また、5月と6月は月間最多ホールドを記録し、5月14日の西武戦でNPB史上2人目となる通算200ホールドを達成。現在リーグトップの22ホールドポイントをマークするなど、自身初の最優秀中継ぎのタイトルを狙える位置につけている。藤川が持つ38試合連続無失点記録の更新とともに、初のタイトル獲得も期待がかかる。日本ハムのリリーフを支える宮西に注目だ。

【宮西の今季成績】
30試 3勝0敗19H 防0.78

【連続試合無失点記録】
<日本記録>
藤川球児 38試合

<パ・リーグ記録>
豊田清、比嘉幹貴 34試合

BASEBALL KING

最終更新:7月19日(火)10時54分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]