ここから本文です

日米で活躍した岡島秀樹が現役引退 「本当にありがとうございました」

ベースボールキング 7月18日(月)13時5分配信

 巨人、日本ハム、レッドソックスなどで活躍した岡島秀樹が18日、自身のブログを更新し、現役引退を発表した。

 岡島は「今日、自分は現役生活を引退することを発表しました」と報告。「ファンの皆さんの力強い応援、本当に感謝しています。メディアの方にも色々お世話になり、迷惑もかけましたが、良い思い出が出来ました。本当にありがとうございました」と綴った。

 岡島は93年ドラフト3位で巨人に入団すると、99年にリリーフで存在感を示し、01年には25セーブをマーク。06年の開幕前に日本ハムへトレード移籍すると、同年55試合に登板して20ホールドを挙げ、リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。その年のオフにFA宣言し、レッドソックスへ移籍。メジャーでは3年連続60試合登板を果たす活躍を見せた。

【岡島の通算成績】
NPB:549試 38勝40敗50S 防3.19
MLB:266試 17勝8敗6S 防3.09

BASEBALL KING

最終更新:7月18日(月)13時27分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。