ここから本文です

秋山2発、岸は132球完投!西武が後半戦白星発進で“企画ユニの呪い”も払拭…?

ベースボールキング 7月18日(月)17時20分配信

○ 西武 6 - 1 ロッテ ●
<15回戦・西武プリンス>

 投打が噛み合った西武が後半戦初戦に勝利。打っては秋山翔吾が5号・6号の2打席連発で2安打・4打点、投げてはエース・岸孝之が132球の熱投で1失点完投勝利を挙げた。

 岸は初回、いきなり先頭の荻野貴司にストレートの四球を与える苦しい立ち上がりを見せると、4番・デスパイネの内野ゴロの間に1失点。先制点を与えてしまう。

 それでも、2回に鈴木大地に安打を打たれて以降は快調な投球を披露。田村龍弘の空振り三振以降、7回二死からヤマイコ・ナバーロにレフトへの安打を許すまで、実に16人連続でアウト。鴎打線を封じ込めていく。

 すると、2回に同点に追いついた打線が奮起。6回先頭の秋山翔吾が、ロッテ3人目の藤岡貴裕からライトスタンド中段へ運ぶ豪快な5号ソロ。一撃で勝ち越しに成功すると、7回には一死一二塁から右中間スタンドに飛び込む6号3ラン。2打席連発で好投の岸を援護した。

 8回にも炭谷銀仁朗の適時打でリードを5点に広げると、すでに100球を超えていた岸が9回もマウンドへ。4番のデスパイネからはじまる打順も3人で斬って取り、9回5安打1失点で完投勝利を挙げた。


 この日は「ライオンズフェスティバルズ2016」と銘打ったイベントの初日。本拠地周辺の狭山丘陵の自然が、多摩湖・狭山湖の湖面に映る様子をイメージしたという「エメラルドユニフォーム」を着用して戦う初戦であった。

 西武と企画ユニフォームといえば、西武鉄道100周年企画として行われた昨年の「イエローシリーズ」にて、西武鉄道の車両カラーである“西武イエロー”をモチーフにした「イエローユニフォーム」を着用して戦うも、5戦全敗に終わったという苦い過去があった。

 それでも、今年は幸先良く初戦で白星。ファンの不安も吹き飛ばす快勝となった。

BASEBALL KING

最終更新:7月18日(月)17時22分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]