ここから本文です

「人々が思うほど傲慢じゃない」…クアレスマが明かすC・ロナウドの素顔

SOCCER KING 7月18日(月)15時10分配信

 ポルトガル代表の一員としてユーロ2016制覇に貢献したベシクタシュ所属のFWリカルド・クアレスマが、代表の同僚であるレアル・マドリード所属のFWクリスティアーノ・ロナウドについて、「誤解されている」と語った。ポルトガル紙『Jornal de Noticias』が伝えている。

 現在世界最高の選手の一人として評価されるC・ロナウド。だが、その一方で利己的な態度を取ることがあると批判されることも少なくない。

 しかし、スポルティング・リスボンでともにプレーし、ポルトガル代表でも長く同僚となっているクアレスマは、「C・ロナウドは、プレーするのが好きな男だ。人々が思い描くほど傲慢な人物ではないよ。彼は偉大なキャプテンで、常に仲間を助ける準備が出来ているんだ」と主張。

 続けて、「僕は、スポルティングでプレーし始めたときから彼のことを称賛している。なぜなら、彼は子どものころからすでに強さを見せてきたからだ。彼とともにプレーしていたこともある。バスルームに入るとき、C・ロナウドは満タンのバケツを持って行って、それでウェイトトレーニングをするんだ。彼は何も諦めることがない男なんだよ」とかつてのエピソードを明かしている。

 また、ユーロ2016決勝のフランス代表戦でC・ロナウドが負傷交代を余儀なくされたことについても振り返った。

「リーダーを失ったんだ。彼は僕らのリーダーだった。だけど、真実を言えば、僕らは良い答えを返したよ。彼は仲間をサポートすることに失敗しなかった。痛みがあろうとなかろうと――あの時、彼には大きな痛みがあったが、飛び回って声を届け、仲間の背中を押していた」

(記事提供:Qoly)

SOCCER KING

最終更新:7月18日(月)15時18分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。