ここから本文です

完封でリオ五輪へ…柏GK中村「開幕までしっかり準備したい」

ゲキサカ 7月18日(月)8時20分配信

[7.17 J1第2ステージ第4節 FC東京0-1柏 味スタ]

 3試合ぶりの勝ち点3と同時に、3試合ぶりの無失点も記録した柏レイソル。その背景には守備の奮闘があった。1点を先行してからは、FC東京が前に比重を置いて柏ゴールに迫った。それでも、11度のオフサイドを奪うコンパクトな陣形を維持し、危険なところではMF大谷秀和やDF中谷進之介らが体を投げ出し、FC東京の攻撃の目を摘んでいった。

 毎試合チームを救っている守護神の好守は、この試合でも健在だった。前半17分にはFWネイサン・バーンズのスルーパスに抜け出したFWムリキに対して、GK中村航輔が間合いをつめて決定機を防ぐ。後半20分にはMF中島翔哉のクロスをファーサイドのMF橋本拳人がヘディング。しかし、GK中村がパンチングでゴールを割らせなかった。「いい対応もありました」と中村は試合を振り返る。

 来月開幕するリオデジャネイロ五輪のメンバーに選出されている中村は、FC東京戦を最後にチームから離れることになる。試合後、ロッカールームで話をする時間を設けてもらった中村。「チームメイトの前で『行ってきます』と話して、『がんばってこい』と言われました」。柏としては2008年北京五輪のFW李忠成(現浦和)以来となる五輪代表選出に、チームからも激励を受けたという。

「どんな試合でも勝利目指すのは、代表チームでもJでも変わらない。開幕までしっかり準備したい」。アウェーのゴール裏を黄色く染めたサポーターから「航輔」コールを受けた中村。自身2011年のU-17W杯以来となる世界大会へ、気合いを込めた。

最終更新:7月18日(月)8時20分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]