ここから本文です

[国際ユースサッカーin新潟]年代別日本代表初選出FW椿、持ち味の高速ドリブル発揮も

ゲキサカ 7月18日(月)10時22分配信

[7.17 国際ユースサッカーin新潟第2節 U-17日本代表 1-1 U-17クロアチア代表 スポアイランド聖籠]

 年代別日本代表初招集のU-17日本代表FW椿直起(横浜FMユース)が存在感を示している。メキシコとの初戦では後半開始からの出場。左サイドでチームに推進力を生んだMFはこの日も1-1の後半9分から登場すると、左サイドでのスピードに乗ったドリブルでDF2人のタックルをかわすなど見せ場をつくった。

 だが、PAまでは持ち込むものの、得点シーンに絡むことができず。シュートを放つこともできなかった。それだけに「流れを変えるっていうつもりで入っているんで、シュートは意識していたんですけど打てなかったので悔しい」。試合途中からピッチに入るタイミングの難しさも口にしていたが、役割を果たすことができなかったことを何よりも悔しがっていた。

 元日本代表MFの山口素弘監督が視察した高円宮杯プレミアリーグEASTのFC東京U-18戦で1得点1アシストの大活躍。同世代のU-16日本代表を飛び越えて1学年上の世代のU-17代表に初招集された。持ち味の高速ドリブルは国際試合でも十分に威力を発揮しているが、1人かわした後にボールを失ったりするなど、本人は成長の必要性を感じている。

「ドリブルは結構出せているし、1枚、2枚までは見えているんですけど、3枚目が見えていなかったり、目の前の相手はかわせるけれどその後のイメージがなかったり、それが次の課題です」。スピード、ドリブルは通用する手応えがあるだけにもう一歩先へ。この経験を必ず次に繋げる。

最終更新:7月18日(月)10時22分

ゲキサカ