ここから本文です

ナズ製作映画のサントラにナズとエリカ・バドゥのコラボ新曲などが収録、今月末発売

bmr.jp 7月19日(火)21時40分配信

ナズ製作映画のサントラにナズとエリカ・バドゥのコラボ新曲などが収録、今月末発売

ナズ製作映画のサントラにナズとエリカ・バドゥのコラボ新曲などが収録、今月末発売

カリスマ・ラッパーのナズがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める映画『The Land』。エリカ・バドゥらも出演するこの映画のサウンドトラックに、ナズとエリカ・バドゥのコラボレーション曲などが収録されることが分かった。

『The Land』は、オハイオ州クリーブランドを舞台に、プロスケーターを夢見る4人の若者たちが貧しく危険なストリート生活から抜け出そうとするドラマを描く作品。ナズがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めており、カリスマ的人気を誇る女性ソウル・シンガーのエリカ・バドゥも共同エグゼクティヴ・プロデューサーに名を連ねている。さらに、『サイダーハウス・ルール』に出演するなど女優の顔も持つエリカ・バドゥに加えて、クリーブランド出身の白人ラッパー、マシンガン・ケリーが本名のコルソン・ベイカー名義で俳優として出演することも話題だ。

ナズ、エリカ・バドゥが関わる映画ということで、サウンドトラックには豪華アーティストが参加すると事前に明らかになっていたが、アメリカでの劇場公開/ビデオ・オンデマンド配信と同日の7月29日に発売となるこのサウンドトラックの収録曲目が公開。予告編映像で使われていた、カニエ・ウェストとナズ参加のフレンチ・モンタナ“Figure It Out”など全14曲が収録されるが、多くは新曲となっており、特にナズとエリカ・バドゥによるコラボ曲“This Bitter Land”は注目されること必至だ。

舞台がクリーブランドということもあってか、リード曲として公開されたのは、クリーブランドの新進ラッパー、エジーの新曲“Goodbye”。エジーはマシンガン・ケリーとの曲も収録されており、またマシンガン・ケリーも自身の新曲“Dopeman”を提供している。また最多で参加しているのは、新曲“Angels”が収録される気鋭の中国系アメリカ人ビートコンダクター、ノサッジ・シングで、イントロとアウトロも任されている。他にもプッシャー・Tとジェレマイのコラボ曲を始めヒップホップ中心。ナズ率いるMass Appealからの発売ということで、所属アーティストであるファショウンやデイヴ・イーストの新曲も。

一方で、オハイオ州コロンバスのヒップホップ・グループ=フライ・ユニオンの一員であるジャロウが今年4月に発表したばかりのソロ・デビュー作から“Looking For Something”や、クリーブランド出身の女性シンガーとオランダ出身のプロデューサーによるアンビエントR&B~ダウンテンポな新進デュオ=アリーナ・バラス&ギャリマティアスが2014年に発表した“Fantasy”を取り上げるなど、若い才能も積極的に推すような内容となっている。

『The Land』の日本公開は未定だが、ナズは、1970年代末のニューヨークを舞台に、ヒップホップの誕生を描くNetflixドラマ『ゲットダウン』でもプロデューサーを務め、ラップの指導なども担当。『ゲットダウン』は8月12日(金)に世界同時配信となっており、日本でもパート1となる6話までがNetflixで一挙配信される予定だ。

1. “Intro” - Nosaj Thing
2. “Paid” - Pusha T & Jeremih
3. “Dopeman” - Machine Gun Kelly
4. “Figure It Out” - French Montana feat. Kanye West & Nas
5. “Goodbye” - Ezzy
6. “Cisco's Theme” - Fashawn
7. “Frequency High” - Stalley
8. “Angels” - Nosaj Thing feat. Sabina SweetRice
9. “Never Been Told” - Ezzy feat. Machine Gun Kelly
10. “Bag” - Dave East
11. “Looking For Something” - Jerreau
12. “Fantasy” - Alina Baraz & Galimatias
13. “This Bitter Land” - Nas & Erykah Badu
14. “Outro” - Nosaj Thing

最終更新:7月19日(火)21時40分

bmr.jp