ここから本文です

“新しい物語”を求めて。『ファインディング・ドリー』の物語づくり

ぴあ映画生活 7月19日(火)10時51分配信

ディズニー/ピクサーの新作映画『ファインディング・ドリー』が公開されている。これまでにピクサーは数々の名作を発表してきたが、一貫して“ストーリーづくり”に並々ならぬ労力とアイデアを注いできた。本作は『ファインディング・ニモ』の続編だが、彼らは前作を観ていなくても楽しめる“新たな物語”づくりを目指したようだ。

その他の写真

本作ではドリーを中心に物語を進めていく上で、常に大きな問題があった。それは“水のない場所にはドリーは存在できない”という当たり前だが、かなり面倒な問題だ。『ファインディング・ニモ』は物語のほとんどが海の中で展開するため、このような問題は発生しなかったが、『…ドリー』では、両親の行方を追うドリーとマーリン、ニモたちが人間の世界“水族館を併設する海洋生物研究所”を捜索する部分が大きなウェイトを占めるため、フォルムメイカーたちは海や水槽ではない場所にドリーがいる時も、彼女に“水”を用意しなければならなかった。

しかし、共同監督のアンガス・マクレーンは「そういった制限があるからこそ僕らはワクワクする」と笑顔を見せる。フィルムメイカーたちの大きな助けになったのは、新キャラクター、タコのハンクだ。ハンクは水がなくても行動できるため、ドリーを様々な容器に入れて、目的地へ進んでいく。「とは言え、いろんな飲み物の入れ物や、液体を入れる物を見つけていくのは、チャレンジだったね。それは、僕らが取り組まないといけない“限界”だった。でも面白かったよ。僕らが前作でやらなかったことを、この映画の中で僕らはやることができたんだ」

さらにストーリー・スーパーヴァイザーを務めたマックス・ブレイスは前作を観ていても、観ていなくても『…ドリー』が楽しめるように全力を注いだという。「続編をやる場合に僕らが話すのは、“誰も1作目の映画を観ていなかったとして、どうすれば正しい情報を伝えることが出来るか?”ということなんだ。それと“もし彼らが1作目を観ていたら、どうやって彼らにキャラクターや人間関係がもっと深くなっていると感じさせるストーリーを語ることが出来るか?”ということだ。それもまた、僕らのチャレンジなんだ」

前作を観ていなくても楽しめて、前作の観客が満足できる内容で、さらに忘れんぼうのドリーの変化と成長を描く……どれかひとつを描くだけでも難題なのに、彼らは3つの難題に挑んだ。映画館ではこの3つのポイントに注意すると、ドリーの冒険をさらに深く楽しめるのではないだろうか。

『ファインディング・ドリー』
公開中

最終更新:7月19日(火)10時51分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。