ここから本文です

ドレイク最新作が全米チャートで1位に返り咲き、男性ソロによる10週1位はおよそ24年ぶり

bmr.jp 7月19日(火)22時50分配信

ドレイク最新作が全米チャートで1位に返り咲き、男性ソロによる10週1位はおよそ24年ぶり

ドレイク最新作が全米チャートで1位に返り咲き、男性ソロによる10週1位はおよそ24年ぶり

2016年発売作品の中で最も大きい初動セールスで全米チャート初登場1位を獲得した、カナダ発のラップ・スター、ドレイクの最新作『Views』。先週は2位に下がったものの、今週ふたたび全米チャートのトップの座に戻り、これで通算10週の1位を獲得した。

4月29日にiTunes Store/Apple Music独占先行という形で発売されると、発売1週目にキャリア最大の初動となるおよそ85万5000枚のダウンロード・セールスを記録、2016年発売作品の中でもっとも大きな初動セールスなる大ヒットとなり、全米アルバム・チャートで他を圧倒して初登場1位となったドレイクの最新作『Views』。2週目には早々にアメリカでの累計セールスが100万枚を突破して2016年発売作品で初めてのミリオンセラーとなり、また毎週1億回以上の再生回数を誇るなどストリーミング・サービスでの圧倒的な強さが牽引する形で全米チャートの1位を独占し、初登場から9週連続でトップを制していた。

先週は、人気ポップ・パンク・バンドのブリンク182の新作『California』についに1位の座を奪われ、初登場からの連続1位の記録は途絶えてしまったものの、先週の2位から今週1位に再浮上。『Views』収録曲のストリーミング再生回数はさすがに週1億回を切り、今週はおよそ8700万回だったものの、そのストリーミング再生回数によるポイントは今週も5万8000枚相当(1500回再生につきアルバム1枚ぶんのセールスに相当すると換算される)となり、全体(およそ9万2000枚相当)の63%と過半数を占めるなど、相変わらずストリーミングでの強さが光る。

ドレイクの『Views』はこれで通算10週目の全米チャート1位を獲得。これは男性ソロ・アーティストとしては、アッシャーが2004年に発表した『Confessions』による通算9週を超えるもので、マイリー・サイラスの父ビリー・レイ・サイラスが1992年のデビュー作『Some Gave All』以来、およそ24年ぶりに生まれた記録となる。なお『Views』は9週“連続”1位を誇るが、これも男性アーティストでは、17週連続1位となったビリー・レイ・サイラス『Some Gave All』以来の記録だった。

なおドレイクの『Views』のセールスは、6月まででおよそ134万枚を記録。これはアデル『25』のおよそ144万枚に次いで2016年上半期セールスの第2位であり、2016年発売作品においてもっとも売れた作品となる。

またドレイクの勢いは、全米シングル・チャートにも波及しており、“One Dance”も今週で通算10週目の1位(9週連続1位)を獲得。アルバム、そしてその収録シングルがいずれも通算10週以上を記録したのは、これまで『25』のアデル、『Supernatural』のサンタナ、映画『ボディガード』サウンドトラックのホイットニー・ヒューストンの3組のみで、ドレイクは史上4組目の快挙を達成したことになる。

ちなみに今週の全米シングル・チャート、『Views』に収録されたリアーナとの“Too Good”が先週22位から19位に上昇しトップ20入り。リアーナは、最新作『ANTI』からの“Needed Me”が今週も7位、ゲスト参加したカルヴィン・ハリスの“This Is What You Came For”が今週も4位をキープと、トップ20に自身関連の曲が3曲同時ランクインしている。

最終更新:7月19日(火)22時50分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。