ここから本文です

保護者も苦悩「子どもの利益第一に」 南城市保育所民営化

沖縄タイムス 7月19日(火)5時4分配信

 南城市が来年度、最後の公立保育所の民営化方針を示し、反対する市民団体と平行線をたどっている問題に、同園に子どもを通わせている保護者も頭を悩ませている。「障がい児のセーフティーネット」「経費削減」。さまざまな意見が飛び交い、直接、保育士に聞きづらい雰囲気もあるという。市が19日から開催する市民意見交換会への出席を検討する母親たちは「子どもの利益を第一に考えて議論してほしい」と口をそろえる。(南部報道部・又吉健次)
 公立保育所「市立みどり保育所」は定員60人。児童のほとんどが大里地区から通う。3歳女児が利用する30代の母親は「市の方針通りだと来春には民営化される。子どもが園に慣れてきたのに、環境を変えたくない」と不安げだ。
 当事者として同問題に関心はあるが、市と市民団体の双方の主張が難しく頭に入ってこない。「園児のことを考えての民営化なのか。市の考えを聞きたい」と意見交換会には出席するつもりだ。
 昨年11月ごろ、民営化のうわさを聞いた30代女性は、4歳の娘を通わせている。民営化のメリットや、何が変わるのかを保育士に聞きたいが「市の職員だから率直には言えないはず」と遠慮している。意見交換会で市と違う主張をすると「何か不利益が生じないか心配。多分ないだろうけど」と思いつつ、意見を紙に書いて出すような工夫も必要ではないか、と話す。
 みどり保育所はベテラン職員も多い。4歳の娘を通わせてよかったという30代女性は「先生の力なのか、子どもが新しい環境に早く慣れた」と喜ぶ。3歳女児の母親も「保育士の経験が豊富なのか、子どもがちょっと体調を崩しても一喜一憂せず、様子を見てくれるので助かる」と評価。「民営化について何が正しいかは分からない」と話しつつ「市の政策に反対する人の意見も聞いてほしい」と求めた。

■きょうから意見交換会 市内4カ所で
 南城市は19~22日の午後7時から、市内4カ所で「市立みどり保育所民営化市民意見交換会」を開く。民営化計画についての方針説明や、市民との質疑応答を予定している。古謝景春市長のほか、副市長や福祉部長らが出席。各会場とも1時間半程度を予定。冒頭の30分は市側が民営化に至った経緯や利点などを報告、その後は意見交換会とする。
 初日の19日は市知念社会福祉センター(知念久手堅)、20日は市老人福祉センター(佐敷新開)、21日は市中央公民館(玉城富里)、22日は大里農村環境改善センター(大里仲間)で。

最終更新:7月19日(火)5時4分

沖縄タイムス