ここから本文です

生田斗真「土竜の唄」続編に瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒参戦!公開は12月23日に決定

映画.com 7月19日(火)5時0分配信

 [映画.com ニュース] 生田斗真が主演した映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」の続編「土竜の唄 香港狂騒曲」が12月23日に公開されることが決定し、このほど新キャスト陣が発表された。瑛太、本田翼、古田新太、菜々緒が参戦し、原作で絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」の映像化に挑む。

 高橋のぼる氏による人気コミックを三池崇史監督&宮藤官九郎のタッグで映画化し、落ちこぼれ警察官・菊川玲二(生田)の潜入捜査をコミカルに描いた前作は、興行収入約21.9億円を記録。今作は香港が舞台で、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜の撲滅を命じられた玲二に、かつてない危機が次々と降りかかるさまを映し出す。

 そのなかで瑛太は、玲二の逮捕に動き出す警視庁組織犯罪対策部課長・兜真矢役を演じる。さらに本田は玲二の最終ターゲットである数寄矢会会長・轟周宝の愛娘で、“奇跡の処女”と称される轟迦蓮役。古田は激昂すると手がつけられないはぐれヤクザ・桜罵百治役、菜々緒はチャイニーズマフィアのヒットマン・胡蜂(フーフォン)役に扮している。

 また、前作キャストの仲里依紗、上地雄輔、吹越満、遠藤憲一、皆川猿時、岩城滉一、堤真一の続投も決定。主演の生田は、撮影を振り返り「おなじみの出演者の皆さんはもちろんのこと、新キャストの瑛太さんや古田さんとの立ち回り、女性陣とのあんなことやこんなこと、毎日がクライマックスのような撮影で、全部印象的な日々でした」と熱のこもったコメントを寄せる。メガホンをとった三池監督も、「生田斗真がヤバい。いや、出演者全員がヤバい。特に瑛太はマジでヤバい。古田新太はもともとヤバい。だからこの映画はヤバい」と激賞し、12月の公開に向け「もう今からHave a Merry Christmas and a Happy New Yearだ! そう、クリスマスにお正月。映画館で手に汗握って鼻血ブーしようぜ!」と呼びかけている。

最終更新:7月19日(火)5時0分

映画.com