ここから本文です

子ども心よみがえる 「お菓子と新潟」展開幕 店の看板やおまけ紹介 長岡・歴博

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月19日(火)13時58分配信

 懐かしいお菓子やおまけを紹介する企画展「お菓子と新潟」(県立歴史博物館など主催)が15日、長岡市関原町1の同館で始まった。良寛が書いた菓子店の看板や、漫画「鉄人28号」のおまけフィギュアなど数多くの品が並んでいる。

 県内の有志が制作に携わったご当地銘菓の紹介地図「新潟県お菓子マップ」も展示された。マップ作りに参加した長岡市の越路小3年生(8)は「取材した内容が大きな地図になってうれしい」と話した。

 午前9時半~午後5時(最終入場は午後4時半)。9月4日まで(休館日あり)。大人610円、高校生・大学生400円、中学生以下は無料で、先着でお菓子のお土産付き。問い合わせは同館、0258(47)6130。関連イベントとして7月27日午後1時半から、新潟市中央区の新潟日報メディアシップでシンポジウム「新潟の菓子文化を楽しむ」も開かれる。

最終更新:7月19日(火)13時58分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ