ここから本文です

YUKI ポケモンの映画主題歌には“あの頃の私と彼女”の思い出も入っている/インタビュー

エキサイトミュージック 7月19日(火)7時15分配信

 
■YUKI/New Single『ポストに声を投げ入れて』インタビュー(2)

映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』の主題歌「ポストに声を投げ入れて」を、2016 年第一弾シングルとして7 月13日にリリースしたばかりのYUKI。映画に描かれた物語のキーワードになっている“ソウルハート”に影響を受け、自身の学生時代の思いもよみがえらせながら歌詞を書いたという。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「今回の映画は“ソウルハート”が重要なテーマとなっている物語になっていて。新しいポケットモンスターのキャラクター・ボルケニオンは、人間に傷つけられて人間不信になってしまうんですけど、どんな扱いを受けても、いろいろなものを壊されても、信じてみたらいいことだってあるんだという感情を、サトシくんとピカチュウの関係や仲間たちが気づかせてくれるんです。私は仲間という関係性や友達の存在を思い出す時、自分の中学の頃の思い出と強力に結びつくんですね。この歌詞は、地元(函館)の中学で出会った一人の友達を思いながら書きました。その友達は東京へ引越しをして遠く離れてしまったけれど、私たちは毎日のように手紙を書いていたので、いつも繋がっていたんです。歌詞を書きながら、彼女との思い出をたくさん思い出しましたね。この歌詞は“僕”と“君”で書いているけれど、あの頃の私と彼女の関係も入っています。仲間や絆について、これだけストレートに歌詞にしたのはたぶん初めてだと思います」

YUKIは本作と同日に、2015年11月19日に日本武道館にて開催された公演の模様を収録したLIVE映像作品『YUKI LIVE dance in a circle '15』をリリースした。
(取材・文/松浦靖恵、構成/編集部)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:7月20日(水)6時45分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。