ここから本文です

リオ五輪日本代表の大山志保が再び「首痛」で欠場

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月19日(火)16時14分配信

日本女子プロゴルフ協会は19日、今週開催の国内女子ツアー「センチュリー21レディス」(静岡・伊豆大仁CC、22日開幕)を大山志保、上田桃子ら5選手が欠場すると発表した。「首痛」を理由に欠場する大山は、今月11日までの世界ランクで自動選出されたリオデジャネイロ五輪の日本代表。首痛に苦しむ大山は直近9週間でわずかに1試合の出場(国内は出場なし)にとどまっている。

水着の美女も!夏だ!サマンサタバサレディースフォトギャラリー

大山の国内ツアー欠場は、エントリーのなかった5月末の「リゾートトラストレディス」からで今大会を入れると8試合連続になる。6月初めの「ヨネックスレディス」開幕直前に首痛を発症して以来、出場がままならず、五輪代表決定のかかった7月上旬の海外メジャー「全米女子オープン」には強行出場したものの予選落ち。五輪代表決定後は「出るからには金メダルを目指したい」と回復をアピールしたが、再び今週も出場を見送ることになった。

大山以外の4人の欠場理由は次の通り。上田(背中痛のため)、キム・ハヌル(体調不良のため)、カン・スーヨン(首痛のため)、リ・エスド(右大腿部痛のため)。

最終更新:7月19日(火)16時14分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]