ここから本文です

巨大恐竜と対面! 企画展にぎわう 新潟

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 7月19日(火)14時1分配信

 恐竜の迫力を体感できる「ジュラシック大恐竜展」(新潟日報社など主催)が16日、新潟市中央区の朱鷺メッセで始まった。初日から親子連れが大勢訪れ、迫力満点の大型フィギュアの恐竜を堪能していた。

 企画展は「見て、触れて、遊んで」がテーマ。全長12メートルを超えるティラノサウルスの骨格標本をはじめ、草食恐竜のブラキオサウルス、肉食恐竜のディロフォサウルスなど10種類以上のフィギュアが並べられた。恐竜の骨の発掘体験や本物の化石に触れるコーナーもある。恐竜が低いうなり声を上げてゆっくりと体を動かすと、子どもたちは「すごい」「かっこいい」と興奮していた。

 新発田市の小学4年生は「口から水を噴く恐竜がいてびっくりした。恐竜をもっと知りたい」と話した。

 8月14日まで。午前10時~午後4時。中学生以上1500円、3歳~小学生900円。

最終更新:7月19日(火)14時1分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ